★金魚のゆかた★

はじめまして。
2021年春よりKAPUKIのスタッフの一員になりましたウエムと申します。
文才もなくブログなんて書いたことない私ですが、どうぞよろしくお願いいたします!
ほんの少し私の自己紹介をさせていただきます。
20代の頃はメンズ誌を中心にスタイリストをやらせて頂いておりました。その頃、憧れのレイコさんと知り合い、かれこれ四半世紀⁈のお付き合いになります。
結婚、出産で30代は家庭に入り、ようやく子育てもひと段落したとき、さぁ!ここから私どうする?と考えていたところ、、、レイコさんにお声がけいただき、日本一カッコイイ着物屋KAPUKI で働かせていただくこととなりました!
いろいろな意味でベテラン組(笑)ではありますが、着物も接客も初心者ですのでスタッフみんなに支えられ、励まされ、日々精進しております。まさにネクストステージ!楽しむっきゃない、人生は一度きりですもんね。

そもそもお洋服が大好きなのですが40代になって何を着てもしっくりこない時期が到来した時、たまたま着物が好きだった母の桐箪笥にしつけ糸がついたままの着物や帯がたくさんあり、勿体ない!着物を着こなせる女性になろう!と思い立ち着付け教室に通いました。
でも着物のイメージって決まりごとが多いイメージがあって、着れる時期や、柄の縛りや、おはしょりの長さがどうとか襟は指一本分出すなど、細かいルールが多いし着物ポリスなるお方たちに注意されるんじゃないかなどなど、、、着付け方を覚えるよりも高い壁があるような気がして着物で出かける際は柄や素材をググったりしていたんです。 失敗したくない、恥をかきたくないって、今思うと本当にネガティブな思考でした。
もちろん場所や催事によっては最低限守らなければならないことはあると思いますが、頭でっかちになってビクビク着てちゃ楽しくないですよね。 普段とってもおしゃれな方が着物になったとたん、個性がなくてなんか普通?に見えちゃうって残念です。
もっと自由で良いと思うんです。そして自分が一番しっくりくる着付け方を日々体で覚えて、髪はショートにしたから襟を抜いてオンナ度をあげていこうかなとか、私らしい着こなしを研究中です!

それでは私的オススメKAPUKIセレクトの金魚を2点紹介いたします!
こちらは西岡ペンシルさんの赤金魚です。私がKAPUKIに入って初めてお仕立てした浴衣です。
こちらは尾びれの部分がモチーフになっていて、総柄で白地と柄のバランス最高、もう可愛すぎます!!! お色は赤、紫、黒があります。新作は赤にゴールド!カッコイイ!
西岡ペンシルさんの金魚は裏地の色が濃い色になっていて、片身替わりやお袖や襟だけ変えたりしてお仕立てができちゃうんです。

もう一つは、誉田屋源兵衛さんの金魚です。
私なら白地に黒かな~と思っていたんですが、先日、赤黒をお客様が着られていてとっても素敵でした。
この金魚の表情、尾びれの細かい線、たまりませんよね。
可愛くなりがちな金魚も源兵衛さんの手にかかれば、こんなにも粋でいなせ!
来年は絶対これだな!!!

まだまだ夏はこれから!なかなかお出かけしずらい状況ですが、浴衣を着て夏を楽しみましょう!
みなさまのお越しをお待ちしております♪

前の記事へ 次の記事へ