vol.3 まいちゃん

誉田屋源兵衛さんの、破れ格子の浴衣。
新店舗オープン前に京都出張に同行させて頂いたのですが、オープン初日に源兵衛さんが破れ格子を来てお店にこられると聞いて、 その日に合わせてお仕立てさせて頂きました!私は黒地に赤を選びました。

江戸時代の絵の中の男性が着ていたお着物の柄を、源兵衛さんが復刻されたもの。幕府(格子)に反発するという意味で破れた格子を着ていて、当時は街で着ていたら警察に捕まっていたのではないかというお話。そんな格好良いエピソードがある素敵な柄です!

帯はWingさんのアンティーク帯。店長の純代さんに選んでいただいた夏帯で、灯籠柄です!シルバーとゴールドが効いていてお気に入りです。シルバーの細い帯締めもKAPUKIで購入しました。

結び方は、純代さんによる超簡単帯結び。
KAPUKIインスタグラムからご覧いただけますので、是非ご覧ください!本当に簡単に結べます!

こちらの5段草履は、頒布素材で裸足で履いてもサラサラ。赤い前ツボもアクセントになって可愛いんです。夏も草履を履きたい方におすすめです!

前の記事へ 次の記事へ