vol.6 店主レイコ

KAPUKIリニューアルオープン記念として、誉田屋源兵衛さんにKAPUKI別注色の紫色の「破れ格子」を作っていただきました!

源兵衛さんのシグネチャーラインと言っても過言ではない「破れ格子」。江戸時代の浮世絵に描かれていた傾奇者(かぶきもの)が着ていた柄を現代に蘇らせた文様です。格子は秩序を意味し、それを討ち破るということは、当時の幕府への反骨精神を表しています。う〜ん、なんて命懸けなんだ!下手したらその場で切り捨て御免になるやも知れないこの文様を、敢えて着た男たちがいたと思うと、300年の時空を越えてその心意気を現代に伝えている源兵衛さんマジリスペクトです!

格子のかすれた箔に合わせて、帯ベルトはレザーの象シルバーをコーディネート。夏らしくバンブー素材のバッグを合わせました!これ、お洋服と合わせても可愛いんです❤︎

この浴衣は中にお襦袢を着て、着物風にも着れるので、仕立てはおはしょり有りで衿の仕立ても広衿にしました。また機会があれば着物風に着たコーディネートもお見せしますね!

前の記事へ 次の記事へ