「桃山摺箔 」

銀を摺り剥がし、桃山時代の屏風の風合いを再現した帯。

年と共に酸化して焼けていく、経年変化した本銀の箔を織物として織り上げたもの。

古箔:元来、文化財修復の為に国の依頼で製作されたものであり、一枚毎に独特の表情をそなえる。箔に用いられる最良とされる「名塩和紙」は、和紙産地の衰退と共に失われていく運命にある。戦火を免れ、永らく蔵で眠っていた最盛期の技の結晶である。

( KAPUKI中目黒店頭にてご覧いただけます。) 

 素材
原産国
サイズ
納期
絹、古箔
日本

帯丈:約440 帯幅:約31

反物のみ:3営業日以内

お仕立て:ご注文からお届けまで約1ヶ月お時間を頂戴いたします。

 

 価格は下記よりお問い合わせください。

▼▼▼

<KAPUKI公式LINEチャット>
電話:03-5724-3779