70,000円(税込)以上のご注文で送料無料

vol.9 店主レイコ

立春を迎え、新しい年がやって来ました!
春の匂いを感じる今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

このブログもすっかり放置してしまい(ごめんなさい)
心機一転これからは、ちゃんと更新していこうと
気を引き締め直していきます!ね!

ということで、今回は新年のご挨拶で着用したコーディネイトについて、スタッフリレーでお送りいたします。
(みんな、ちゃんと続いてちょうだいね!)

店主レイコが着ている着物は、誉田屋源兵衛の破れ扇の訪問着です。
元々破れ扇の柄は、袋帯にあったものですが、

KAPUKIの別誂で一昨年振袖として作って頂きました。
その振袖がとーーーってもカッコよく、色違いで訪問着として誂えてもらったのがこの一枚です。

『不諦不動』

その名に込められた強い志を身に纏い、心新たに新年を迎えました。

そして、これは昨年の春、息子の卒業式に着た思い出の一枚でもあります。
ここから旅立つ息子へのエールを込めて『NEVER GIVE UP』の意味を持つこの着物で参列できたことは、
言葉ではなく、着るもので想いを伝えた、
私からの贈り物でした。
着物って、洋服には無い、柄で想いを表現する楽しみがあるんですよね。
全くもって誰にも分からない、自己満足でしか無いかも知れないけれど、そんな密かな楽しみが、着物を着る醍醐味なのかも知れません。
そしていつか、息子にそんな話ができたらいいな。
着物の楽しみ方、これからも皆様にお伝えできればと思います。

そして、この着物に合わせた袋帯は誉田屋源兵衛の
桃山摺箔』。

もうこれは、私の大大大好きな帯で、
「一家に一本、桃山摺箔!」
と最近では標語のように口にしているのですが、
KAPUKIのコーディネートになくてはならない究極の帯だと断言します!
箔の風合いが一本一本違うので、それは本当に一期一会。
経年変化した焼箔の色味が、なんとも味わい深い雰囲気を醸し出します。
そしてなにより軽くて着け心地が抜群なんです!
店頭で実際に手に取って頂くと、皆さん本当にびっくりする軽さなんです!
どんなお着物にも、そして帯揚げ、帯締めを合わせても、
全てを受け入れる懐の深さ。
あー、私もそんな女になりたいと思う今日この頃です。

新店舗に移転して早2年。
そして今年KAPUKIは10年目を迎える事になりました。
右も左も分からない素人の私が始めた着物屋KAPUKI。
ここまで本当に本当に、たくさんの方々に支えていただき、心から感謝いたします。
若輩者ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

KAPUKI店主
腰塚玲子
 

前の記事へ 次の記事へ