「九寸帯 破れ格子」

桃山時代は風流、江戸初期から傾奇者(カブキモノ)そして粋、イナセとなる。

格子を破り、反幕、倒幕を表現しています。

古来より網破りの鯉、網破りの勝虫等の破れ柄がある。

破れ格子は約250 年前の柄で、不規則で型を破った格子はエネルギー・パワーを表し、活き活きと生きる男たちの好んだ柄である。

( KAPUKI中目黒店頭にてご覧いただけます。) 

 素材

原産国

サイズ

納期

日本

帯丈:約440 帯幅:約31

 

反物のみ:3営業日以内

お仕立て:ご注文からお届けまで約1ヶ月お時間を頂戴いたします。

 

 価格は下記よりお問い合わせください。

▼▼▼

<KAPUKI公式LINEチャット>

電話:03-5724-3779